PPEシステム

ロープアクセスでの作業

ロープアクセスとは、作業者がロープで身体を支えながら行う作業の総称で、
直立する壁や30度以上の傾斜角度を持つ斜面で作業を行うときに用いられます。
様々な方法があり、どのように作業現場に到達し、帰還するかによって方法は変わってきます。

上方から作業現場にアクセスし、再び上方に帰還する方法
(図1)のようなダムでの作業などがあります。
作業者はあらかじめ構造物アンカーに連結したロープを使って下降し、
作業が終わると再びロープを伝って元の位置に戻ります。

上方から作業現場にアクセスし、作業が終わると下方に降りる方法
(図2)のようなビルの窓ガラス清掃などがあります。
作業者はエレベーターや階段を使って上部に到着し、
そこから構造物アンカーを設置した後、ロープを使って下降します。
作業を終えると地面に下降して帰還します。

作業現場に下方からアクセスし、再び下方に帰還する方法
(図3)のようなショッピングモールの巨大ポスターを取り付ける作業などがあります。
作業者はまず伸縮可能なポールを使って梁などの構造物にロープを固定し、上方の作業現場にアクセスします。
作業を終えると地面に下降して帰還します。
ロープアクセスでは、EN 1891-A に準拠したセミスタティックロープを使用しなければなりません。
また、状況に応じて3本のロープを使用し、その役割は下記になります。

ワーキングライン(W)
EN 12841-C 準拠したディッセンダー、もしくは EN 12841-B 準拠したアッセンダーがセットされなければなりません。

セーフティライン(S)
万が一の墜落に備えるため、EN 12841-A に準拠したフォールアレスターがセットされ、
ハーネスの胸部または背部にあるアタッチメントポイント EN 361 に接続されなけばなりません。

エマージェンシーライン(E)
ロープアクセスではレスキューキットは使用されませんが、適切な長さのエマージェンシーロープを準備しなければなりません。
作業中はアンカーポイントに接続されており、迅速な救助を可能にします。

 

①ワークシェル ②アクセスQR ③スパロー200R ④コネクター ⑤ループアンカー ⑥エンドループ付ロープ ⑦イージームーブキット

⑧クイックロール ⑨フットループ ⑩フォーレスト ⑪アッセンダーキットプラス ⑫イプシロン 

 

 

H1:スパロー200Rを使用して下降する場合

セルフブレーキディッセンダー:スパロー200Rを使用しての下降方法は、右手は末端側のロープをにぎり、左手でレバーを引きます。
スパロー200Rは特殊ブレーキングシステム(EBS)を搭載しているので、誤ってレバーを引きすぎた場合でも、下降速度を制御する安全システムが作動します。

 

H2:スパロー200Rを使用してロープ上で停止して作業する場合

スパロー200Rのレバーを“STAND-BY”ポジションにすることでロープにはブレーキがかかった状態となり、
レバーは誤作動によりブレーキが解除されることはないので、ロープ状で停止した状態で作業することができます。
フォールアレスターイージームーブキットのダイヤルを“REST”ポジションにセットし、
セーフティラインのなるべく高い位置に持っていくことによって、落下率をなるべく低く抑えます。

 

H3:スパロー200Rを使用して登高する場合

スパロー200Rでは、下降から登高に簡単に切り替えることが可能です。
作業者はワーキングライン上にスパロー200Rより上にハンドアッセンダーのクイックロールをセットし、
クイックロールの下部にあるブラケットアタッチメントスロットにQ-リンクでフットループの連結と、
ロウアースロットには腹部のアタッチメントポイントに連結したイプシロンのロングアームと繋ぎ合わせます。
次に、クイックロールに内蔵されたプーリーにスパロー200Rの末端側のロープを通します。
登高するためには、左手でクイックロールを引きながら右手で末端側のロープを引きます。
同時に脚はフットループを使って身体を押し上げます。
この動作を繰り返すことで、登高します。斜面ではフットループを使わずに登高することができます。

H4:クイックロールとアッセンダーキット プラスを使用して登高する場合

アッセンダーだけを使用しますので、クイックロールとアッセンダーキット プラスをセットします。
長距離の登高においてはH3よりも効率よく登高が可能です。